歯の神経の治療は時間がかかってしまうのか

こちらの動画ではなぜ歯の神経の治療は時間がかかってしまうのかということを解説されています。用紙に歯の絵をかいて解説されていますが、色を塗った部分が神経となっており、コレを放置してしまいますと一番下に膿みが起こってしまいます。

そのため神経を取り除き、チタンでかぶせ物をしていくという治療を行っていきます。

また、なぜ神経がないことは好ましくないかという説明を行っています。
本来は神経があると割れることはありません。しかしチタンを埋め込んだ歯には大きな負荷がかかってしまいますので、歯が割れてしまう可能性があります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る