親知らずの歯

成人している人は殆ど生えているであろう、親知らずはきちんと生えられていないのが現状です。それは、日本人の顎が小さいため、きちんと生えられないのです。

親知らずをいつ抜くのがいいかというと、30代や20代ではなく、根っこが出来ていない16歳~18歳くらいの時に抜くのがおすすめです。
親知らずを放置してしまうと、前に押し出されてしまい、歯並びが悪くなったりします。歯並びが悪くなったら、歯を元に戻すことが出来ないので、後回しにするのは辞めましょう。

私も親知らずは生えていますが、抜歯すらしていません。
機会がありましたら、歯医者できちんとレントゲンをとって、生えている方向をきちんと知ろうと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る