むし歯にならない歯磨きのコツ

むし歯は日常当たり前のように聞きますが、発症する人も多いのです。むし歯が進行してからでは遅いのです。

むし歯を予防するための歯磨きにはコツがあります。
まずは、歯ブラシは鉛筆持ちで磨き、軽い力で細かく動かすことで、力を入れすぎると、歯を傷つけてしまいますよ。
そして、歯磨き粉はつけてもつけなくてもいいのですが、つけすぎはやめましょう。爽快感で歯磨きしていると勘違いしてしまいますよ。
あと、食後すぐに歯磨きをしてはいけないそうですよ。エナメル質は酸性なので、すぐに磨くと、歯の表面を傷つけたりするそうです。
1番重要なのは、歯磨きするタイミングで、起床時と寝る前が効果的ですよ。
睡眠中から起床時が1番むし歯になりやすいといわれていますので、予防するのに最適なのです。

歯の磨き方を間違っている方もいることでしょう、以前は私自身も間違っていました。ですが、今からでも遅くありません。動画を見た方は、この歯の磨き方を今すぐ実践しましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る