歯周病からは最悪の場合?

成人の8割がかかっている歯周病は、口臭の原因になったり、歯が細くなりグラグラして最終的には抜けてしまうという、とても恐ろしい病気なのです。

口の中の歯は、体内と体外が最初に接するところなのです。
歯は骨と歯茎に支えられています。むし歯菌は酸素が必要なため、体内には入らない菌なのですが、歯周病菌は酸素を嫌い、歯周ポケットを作り、深く奥に入り歯茎や骨を溶かしてしまうのです。

そのあと、歯周病菌は毛細血管を通じて体内に入ってしまい全身を駆け巡り、血栓を作ってしまい、全身疾患となって、最悪の場合死に至ってしまうのです。歯の病気にならないように歯磨きを怠らないように予防しましょうね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る