子どもの矯正治療

大人の矯正治療よりもする時期として良いのは、子どもの矯正治療だそうです。
子どもは歯の生え変わりの時期によって望ましいかみ合わせがありますよ。

子どもの矯正治療をⅠ期治療といい、Ⅰ期治療の目的は、反対咬合や顎偏位によって噛みにくい歯を噛みやすくすることが第1だそうです。そして、場所を広げることによって歯を生えやすくし、歯のズレを生じにくくするために上の顎を広げて真ん中で噛めるようにしているそうです。口を閉じやすくするのも重要で上の顎を後ろに下げることで、唇を閉じやすくしています。

大人の矯正治療とは違って、成長をサポートしていますので、この治療をすることで将来、歯がキレイになり、日常生活に不便がなくなることでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る