歯周病治療と油の関係

歯周病とは細菌感染からの炎症によって引き起こされる症状のことで、治療する際は炎症と付き合うことが大切だそうです。
どのように炎症をコントロールするのかと言うと、油が関わるそうなのです。

油の中でも植物性の油、大豆油やサラダオイルを中心としたオメガ6とエゴマやあまに油と呼ばれるオメガ3という2つの油がポイントとなってくるそうで、オメガ6が体内で分解されることで炎症促進物質に変化し、オメガ3は分解されると炎症を抑制する物質に変化することで有名なのです。

歯周病を治すには、炎症を抑えるオメガ3ばかり摂っていれば良いのかというとそうではなく、炎症自体は菌を消滅させたり傷を治すための必要な反応となるのである程度はその状態を維持させなければならないそうです。しかし、炎症している状態が続くと逆効果ですので、落ち着いている状態をバランス良く取り入れる必要があるそうです。
治療の際は、薬で炎症を抑えるのが一般的ですが、身体への負担も多いので、薬を飲みつつオメガ3を摂取して身体に無理なく治していくことが重要だったりするのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る