歯と身体の関係

歯の治療と身体の関係は全く関係ないと思われがちなのですが、実は、この2つは密接な関係にあり、根管治療と身体の関係は最も関係性が高いと言われているのです。

歯の歯根は歯茎の中に入っており、前歯と奥歯では歯根の数や形も大きく違う為、治療する場所によっては非常に難易度の高い治療になることも珍しくなく、難しい箇所の根管治療になると、治療の手が届かなかった場所に細菌が住み着いてしまい、その細菌が毒素を放出するようになってしまう危険があるのです。

放出した毒素が歯根膜に流れている血液に紛れることで、身体全体に毒素を運ぶことになってしまうことはとても危険で、運ばれていった臓器に毒素が住み着くと、今度はその臓器で悪さを行うため、最悪の場合死に至ることもありえますので、歯の治療は最優先にしましょうね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る