ダイアグノデント

歯面に655nm のレーザー光を照射することによって起こる蛍光反射を測定して見つけにくい虫歯を検出します。視診やX線診断に加え歯質を数値で判断でき、健常歯を保持しながら適切な治療計画を立てることが出来ます。

早期発見早期治療に必要であるのが、治療に必要な虫歯なのか虫歯でないのかの鑑別診断です。最新型の虫歯判別装置ダイアグノデントペンを設置することによって視診、触診、ダイアグノデント診断などを組み合わせることによって、高確率でむし歯の有り無しを判断することができます。

まったく痛くもかゆくもなく非常に安全性の高い装置です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る