赤ちゃんの為の虫歯予防

まだ歯がしっかり生えていない赤ちゃんでも、やはり少しでも歯が生えてきたら虫歯に気をつけなければなりません。
とはいっても赤ちゃんは唾液が多く、唾液によって口の中は洗われていますから必要以上に神経質になる必要もないでしょう。

赤ちゃんに歯磨きをするのは虫歯予防ももちろんですが、どちらかというとこれから歯磨きに慣れていってもらうという意味合いの方が強いです。
まず下の歯2本が出始めた頃ならガーゼで歯を拭いてあげる程度で構いません。
拭いてあげてる最中、拭いてあげた後は沢山褒めてあげて歯磨きに対する抵抗を無くしていく様にしましょう。
1歳くらいになったら赤ちゃん用の歯ブラシを使って1日1回、何も付けずに行ないます。

嫌がるからといって歯磨きを疎かになってしまうと、久しぶりに磨いた時に炎症した歯茎から出血してしまう場合もあります。
更に放置してしまうと今度は痛みが出てきてしまい、更に歯磨きが嫌なものと思ってしまうので、毎日根気良く磨いてあげてください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る