歯科衛生士のお仕事内容

歯科衛生士は患者の歯や口の中の健康づくりをサポートするお仕事で、虫歯の予防から歯科診療の補助まで幅広く作業しています。

歯科衛生士は国家資格ですから、明日からいきなりなりたいと言ってなれるお仕事ではありません。
また資格を取得した後も歯科や医学に関する知識や技術の向上が求められます。
更に患者との会話や医師とのやりとりを多く行なう立場ですから、コミュニケーション能力も必要とされるでしょう。

歯科衛生士になる為には高校卒業後、短大や専門学校等の歯科衛生士養成期間で学び、歯科衛生士国家試験に合格する必要があります。
ここまで努力をしてやっと病院や歯科医院、保健所等で活躍出来るのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る