歯周病は、どんな影響を及ぼす?

老けたくないと考えているのであれば、刺繍尿の予防が重要だと言われていますよ。

口の中には色々な菌がいて、歯周病は歯茎の隙間から菌が侵入して歯周病菌に感染する事によって起こる疾患ですが、歯周病自体は痛みをあまり感じないため気付きにくいのです。

軽度の歯周病は軽く血が出ると言われていて、放置していると歯がグラグラしてくるのです。

歯周病は歯茎の傷から全身に菌が回って、動脈硬化や心臓病や慢性的な炎症を引き起こす原因になるのです。

歯周病の初期症状は歯を磨いたときに血が出るという事ですが、さらに症状が進むと歯石が溜まったり口臭がキツくなったり、歯がグラグラしてくるのです。

歯周病が気になるという方は歯医者さんに相談したり、歯のクリーニングで健康な状態を保つようにしましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る