セルフホワイトニングにはどんなリスクがある?

安価に実践できるセルフホワイトニングにもリスクがありますので、ぜひ知っておきましょう。

セルフホワイトニングで使用する薬剤は、歯科医院で使われているような医薬品ではないため効果が弱くなりますが、成分によっては歯にダメージが出る場合もあるため、酸性の成分は避けた方が良いでしょう。

セルフホワイトニングで確実に歯が白くなるわけではなく、エナメル質の表面の色は改善できますが、歯の状態によっては色ムラができてしまう場合もありますよ。

口腔内の健康に悪影響が出る場合もあるため、妊婦さんや授乳中のママさん、歯がまだ育っていないお子さんはホワイトニングは避けた方が良いでしょう。

ホワイトニングによって歯が沁みたり痛みを感じる事が考えられるため、歯の疾患がある方や知覚過敏で悩んでいる方は注意が必要ですよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る