タバコは歯周病と関係している?

タバコは歯に悪影響を及ぼし、特に歯周病と関係していると言われていますよ。

喫煙によって有害物質が口腔内に入り、血管を収縮させたり血行が悪くなって歯周病と関係している菌が増えやすい環境になってしまい、歯周病になるリスクが高まるのです。

一酸化炭素によって酸素が行き渡りにくくなったり、ニコチンによって免疫力が低下したり、歯がグラグラして抜けやすくなるため、喫煙しない人と比べて歯の数が減るリスクが高いのです。

喫煙者は歯周病の進行にも気づきにくいと言われているので、喫煙の後には歯磨きをしてはに付着したヤニを取り除いたり、歯科医院で歯のクリーニングを受ける事が大切ですよ。

歯周病を予防したいと考えているなら、禁煙を検討すると良いでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る